AndroidでChromeをインストール及びアンインストールする方法

AndroidにChromeをインストールするには二つの方法があります:このウェブサイトから行うか、もしくはGoogle Playから行うかです。アンインストールの方法は少し特殊です。以下にその説明を行います。

MalavidaからChromeをインストールする

多くの現代の携帯電話ではChromeはデフォルトでインストールされています。なのでこのプロセスを行う場合ゼロからインストールするのではなく最新バージョンへの更新が行われる可能性が高いです(後述する例外がありますが)。古い端末を所有していたりインストールしていない物を所有している場合、以下のプロセスを行いましょう。まず最初にこのガイドの最後にある緑のDownloadボタンをタップしましょう。

Chromeの条法Chromeの条法

このページが表示されるので再びDownloadをタップします:

ChromeをダウンロードChromeをダウンロード

ダウンロードは携帯電話のストレージに保存されます。ブラウザはAPKファイルをデフォルトで端末のダウンロードフォルダーに保存します。ダウンロード後に起こるプロセスは使用するブラウザによって変わります。多くの場合通知が表示され、一部の例では(例えばMi Browserなど)APKを直接開くことがあります。

端末に一度も詳細元不明のアプリケーションをインストールしたことがないなら詳細元不明のアプリをインストールするようにブラウザに許可を与えるように携帯電話は通知を表示します(この許可は特定のアプリケーションに対して付与され携帯電話全体に付与されません)。そのためにSettingsをタップしましょう:

Mi Browserで詳細元不明の許可Mi Browserで詳細元不明の許可

次の画面が表示されます。まず最初にこの場合グレーになっているAllowfronthissourceオプションをマークします:

詳細元不明のダウンロードが無効詳細元不明のダウンロードが無効

タップするとグレーから濃いグリーンに変わります:

詳細元不明のダウンロードを有効化詳細元不明のダウンロードを有効化

その後画面の右上部の角にある矢印のアイコンをタップしてパッケージインストーラーに戻りましょう:

パッケージインストーラーに戻るパッケージインストーラーに戻る

その後インストールプロセスそのものが開始されます。アプリをインストールするためにInstallをタップしましょう:

APKをインストールAPKをインストール

アプリケーションのインストールプロセスが表示されます。完了すると次のメッセージが画面に表示されます:

Chromeのインストール完了Chromeのインストール完了

これでChromeを携帯電話にインストールすることができました。

Google PlayからChromeをインストールする

Google Playを開き検索バーにChromeと入力してキーボードの虫眼鏡のアイコンをタップしましょう(使用するキーボードの種類によってはこのアイコンが変わる場合があります):

Google PlayでChromeを検索Google PlayでChromeを検索

この場合、使用するのは検索結果で最初に表示されるオフィシャルバージョンです:

Google PlayでのChromeの検索結果Google PlayでのChromeの検索結果

Chromeをプレインストールしていない場合、Installボタンをタップしましょう(もしすでにインストールしているならおそらくUpdateと書かれているボタンがその代わりに表示されている可能性が高いでしょう):

Google PlayからChromeをインストールGoogle PlayからChromeをインストール

インストールプロセスが開始されます。完了すると以下の画面が表示されます:

Google PlayからChromeのインストールが完了Google PlayからChromeのインストールが完了

Android向けChromeをアンインストールする方法

Android向けChromeのアンインストール方法は少し特殊です。Google AppsつまりGAPPSのパッケージとしてプレインストールされているアプリケーションを構成しているので、多くの場合オペレーティングシステムはコアのネイティブアプリケーションを構成すると認識します。なので、一般的な方法でアンインストールすることは不可能です。

実際、Google Chromeを完全にアンインストールするには一定の条件を満たす必要があるのです:

  • Android 5.0以前のバージョンでありパーソナライズカバーとしてプレインストールされていない場合。
  • Rootしている携帯電話で特別なアプリを削除のために使用できる場合(例えばRootUninstallerなど)。
  • LineageOSのようなパーソナライズROMを端末の通常システムの代わりにインストールしておりGAPPSパッケージの一部としてインストールしていない場合(この場合AndroidはChromeをシステムのコアアプリケーションとは認識しません)。

これらの条件がクリアされることはほぼ不可能でしょう:古い携帯電話はもうあまり存在せず、端末をrootするもしくはプレインストールされている代わりにROMをインストールする理由はどんどん減っています。それに加え、Androidデバイスでrootを行う説明は長文になってしまい、それは携帯電話の種類によって大きく変わり、その種類は膨大です:それぞれの携帯電話が独自の方法を持ち、モデル、製造メーカーやリリースされた年で大きく変わるのです。

なら、何ができるでしょうか?二つの選択肢があります。1つ目はAndroidの設定を端末の画面から開きます(アプリケーションボックスや通知タブなどからも設定を開けます):

Settingsを開くSettingsを開く

設定でApps&notificationsにアクセスします:

Applications&notificationsApplications¬ifications

その後Seeall X appsをタップします:

全アプリケーションを表示全アプリケーションを表示

Chromeに入ります:

アプリのリストアプリのリスト

アプリのインフォメーションページでDisableをタップします:

リスト内のChromeリスト内のChrome

メッセージが表示されアプリケーションを無効化した場合デバイスで機能しなくなると通知されます。Disable appをタップします:

Chromeを無効化Chromeを無効化

その後画面にEnableというボタンが表示されるでしょう。これはアプリケーションを再び有効化したい場合にタップするためです:

Chromeの無効化が完了Chromeの無効化が完了

この方法でChromeはアプリケーションリストから消去されますが、アンインストールは行われず、内部ストレージを圧迫したまま残ります。

この方法を行う場合Chromeは残り、さらに、無効化した瞬間に最新バージョンにまで更新されます(それによって更にスペースを消費します)。アプリケーションを最小限に留めるための最良の方法は無効化する前に更新をすべてアンインストールして、これが二つ目の方法となります。

Google Playから再びGoogle Chromeのページにアクセスします。そして今回はUninstallボタンをタップします:

ChromeのアップデートをアンインストールChromeのアップデートをアンインストール

システムのアプリケーションの更新をすべてアンインストールする、という通知メッセージが表示されます。Okをタップしましょう:

アンインストールを確認するアンインストールを確認する

再びメイン画面に戻りアプリケーションを無効化するための最初のプロセスを行いましょう。すでに見たように完全にアンインストールするのは非常に希少なケースでのみ有効です。