Chromeとは何か、何のために使用するか

Google Chromeは世界最大のウェブをブラウジングするためのアプリケーションでありモバイルデバイスだけでも60%を超えるマーケットシェアを誇ります。しかし、Chromeとは正確には何でしょうか、何の役に立つのでしょうか?説明しましょう。

Google Chromeとは

ChromeはGoogleが開発したウェブブラウザでありますが、オープンコードプロジェクトから開発されました。このブラウザはどんなプラットフォームでも提供されていれば無料でダウンロードできます(Windows、Linux、macOS、iOS、iPadOSとAndroid)。世界中に7億5000万人ものユーザーを持っています。この分野で最も使用されているアプリケーションとなっています。

Chromeの新バージョンはそれぞれChromiumから発生し、これはフリーソフトウェアプロジェクトで、Chrome OSオペレーティングシステムのベースとしても機能しています。Chromiumは著作権に関してフリーのライセンスとして配布されており、なのでChromiumのコードは誰もが配布可能で、変更し、自由に改善できます。これらの変更はその後ブラウザの安定したバージョンに反映されます。

これはつまりフリープロジェクトもプライベートプロジェクトも同じ特徴を持っているということです。これにGoogleはフリーソフトウェアにはない機能を追加しています。プロジェクト名も変更しロゴもGoogleのブランドを保護するために他とは異なるものに変わります。その結果がChromeなのです。

Chromiumの他にもChromeの開発の三つのルートがあります:

  • Chrome Beta: 安定したバージョンにリリースされる新機能が搭載されています。これらの新機能はブラウザが正しく機能することを保証するためにテストされています。毎週更新されます。
  • Chrome Dev: このバージョンは開発者向けでBetaに移行する前に変化されるポイントをテストします。一般的にはかなりよく機能しますが、一般人の使用は推奨されていません。こちらも毎週更新されます。
  • Chromecast Canary: 毎晩Googleのサーバーから自動的に作成されます。最新機能をすべて試してみたい開発者向けで、Devに移行する前にそれらを試すことができます。しかしかなり不安定で使用は推奨されていません(特にビジネス分野では)。

Google Chromeは何の役に立つか

インターネットブラウジングとウェブページアクセスに使用できます。また現在マーケットにある最も安定した、素早く安全なオプションでもあります。その主要機能は短く説明すると、最もコンプリートな、ライバルを大きく凌駕するブラウジングエクスペリエンスを提供することです。

あなたのGoogleアカウントを追加するだけで細部まで好みに合わせたコンフィグレーションをブラウザに適用できるのはどんなデバイスにもインストールする価値となりますが、拡張機能(特定のタスクを行うためにブラウザ環境にインストールするアプリケーション)は今の所Androidには登場していません。この問題は、しかし、独立プロセスの使用特徴でカーバーし、ウェブサイトが何らかの理由でブロックした場合、それを開いているタブにしか影響を及ぼさず他のタブは安定していることにつながっています。

またシークレットモードも特徴的です(ブラウジング情報を保存しませんが、匿名性は保証しません)。データー節約モードもあり、モバイルデーターで接続しているときは特に有効です。これでも足りないなら、ウェブページをPDFドキュメントとして保存する機能も持っており(PDFリーダーも内蔵)、ダウンロードマネージャーによるファイルダウンロード、読み込みモード、ジェスチャーブラウジングと音声による検索も可能です。