どうやってGoogle Play Servicesを使うか、どう機能するか

Google Play Servicesを使用するには一切何もする必要がありません。単純にアプリが携帯電話にインストールされているか確認しましょう、名前と違ってこれは一つのアプリなのです。システムアプリでありバックグラウンドで動作を行いその機能を提供します。しかしあなたがそれとインタラクティブする必要は一切ありません。実際、アプリはインターフェイスやアクセスアイコンを一切持っていません。良くてオペレーティングシステムは新しいアプリをインストールする際に許可を求めたり、その機能を使用するアクティビティを行なう際に許可を求めますが、それだけです。

Google Play ServicesはGoogle Play Storeを持つどんな携帯電話もプレ設定でインストールされているアプリでGmailやGoogle Mapsなどの他のGoogleのエコシステムアプリと同様です。そして端末とそれら提供されるサービスが正しく機能するのに欠かせません。あなたが行なうべき唯一のことはGoogleアカウントで携帯電話をコンフィグレーションすることです。

バックグラウンドでインストールされているアプリとGoogleの仲介者として機能し、更新チェックなどの提供されている様々なサービスと簡単にインテグレーションされる助けとなっています。携帯電話を最初にコンフィグレーションする際にGoogleアカウントが求められますが、その瞬間からGoogleのサービスは有効化されて最大限のユーザーエクスペリエンスを提供する助けとなります。

開発者向けとしてはGoogleサービスは大きな利点で、開発者はそのポテンシャルをすべて活用して自分のアプリにインテグレーションさせて、常にオペレーティングシステムの正しい機能と適応性を保証しながら変更を加える事ができ、携帯電話を遅くする要素が減ることによってユーザーにとっては携帯電話の寿命が伸びることを意味します。