Instagramの自分の投稿でライクを隠す方法

Instagramの基本的な要素の一つはライクボタンです。これによってユーザーはどの写真や動画が好きか指定する事ができます。また、このソーシャルネットワークのアルゴリズムはこの数を利用して体験をパーソナライズして画面に表示されるおすすめを調整します。しかし、ライクの合計数のカウンターはユーザー同士の競争にも繋がり、Facebookによるともっとも大切なことを見失う要素となりうることもあるとのことです:コンテンツよりも大切になる可能性があるのです。

このため、ついに投稿で受け取ったライクの合計数を非表示にする事が可能になりました。まず最初のステップは投稿した写真のどれかにアクセスして縦3つの点のアイコンをタップします。

投稿のメインメニューを開く投稿のメインメニューを開く

コンテキストメニューからHide Like Countをタップしましょう。

写真のライクカウンターを隠す写真のライクカウンターを隠す

すぐにライクの合計数は非表示になります。なので、どのユーザーもこの情報を知ることができなくなります。しかしこれはライクボタンが写真から消えたことを意味しません。実際にはこの機能は引き続き有効化されており、View likesをタップしてこの情報を確認できます。当然、このボタンを使えるのはあなただけです。

自分の投稿に関するカウンターを非表示にするだけでなく他のユーザーのコンテンツでも表示されないようにするオプションも存在しています。Instagramのライクの数を表示させたくないならアプリケーションの設定を開きましょう。

Instagramの設定Instagramの設定

Privacyをタップしてプライバシー関連のオプションを開きましょう。

プライバシーセクションプライバシーセクション

Postsセクションを開きます。

投稿に関するオプション投稿に関するオプション

そこでHide Like and View Countsオプションをマークしましょう。

すべてのアカウントでライクを非表示にするすべてのアカウントでライクを非表示にする

今後他のユーザーの投稿がどれほどのライクを受け取ったかを知ることはできなくなります。どちらの場合でも、この記事のプロセスを再び行うことで設定を以前の状態に戻すことがいつでも可能です。