Instagramとは何か、何のために利用できるか

Instagramはフォトソーシャルネットワークです。2010年にリリースされ、当初はiOSデバイスでしか利用できませんでした。オリジナルコンセプトはすごくシンプルなモットーをベースにしています:携帯電話で写真を撮影してフィルターを使って簡単な編集を行い、共有することです。Kevin SystromとMike Kriegerによって開発されたInstagramはリリースからたった2年でたくさんのユーザーを獲得することに成功しました。2012年4月には1億人のアクティブユーザーを突破し、その更に2年後には3億人を突破しました。

InstagramはiOS、AndroidとWindows 10で利用することができるマルチプラットフォームアプリケーションです。またこれに加えてウェブからアクセスすることも可能ですが、写真投稿などの一部の機能が制限されます。過去ではWindows Phone向けのバージョンも存在していました。

この人気なソーシャルネットワークの歴史において重要なポイントとなったのは2012年4月9日のFacebookによる買収で、その買収額は10億ドルでした。それ以降幾つかの変化が生じました。例えば、サービスの利用許諾と条件が変更され、Instagramはサーバーにホストされるコンテンツを更にコントロールすることになりました。しかし一部の有名ユーザーによる圧力でサービスの責任者が変わることになりました。

Instagramは当初の目的から離れてしまった新しい機能も追加されていきました。例えば、フォースバージョン以降動画の投稿も可能になりました。また、2013年にはユーザー同士の交流要素が強化され、他人の投稿にタグを付ける事が可能になり、特にそのメッセンジャーシステムInstagram Directがこの点で大きな役割を果たしました。しかし、このソーシャルネットワークの本当の革命となったのはストーリー機能です。この時間制限付きのコンテンツは24時間で消去され、間違いなくこのツールの最大の長所です。

現在ではInstagramは複数の目的を達成するためのツールとなっています。例えば、多くのユーザーは最新のニュースを取得するために利用しており、有名人をフォローしたり、お気に入りのブランドをフォローしたり、更には、その商品を直接購入することもあります。当然、身近な人と自分の思い出を共有することや、単純に、自分のお気に入りの写真を保存するために使うこともできます。

間違いなくこのソーシャルネットワークの有名度はどんどん上がっており、提供する可能性も増えています。今後開発陣はどのような新しい機能を追加するのでしょうか?残念ながら、それを知るためには待つしかありません。しかしわかっているのはInstagramはトレンドを生み出す方法をよく知っている、ということです。