SignalかTelegram 違いと比較

TelegramかSignal。これはWhatsAppから移行したい多くのユーザーのジレンマです。どちらがより優れたメッセンジャーアプリケーションのオルタナティブとなっていますか?この比較でそれぞれが何を提供しているか、何が同じで何が違うかを発見しましょう。

SignalとTelegram:何が同じか

もしかしたらほとんど同じアプリケーションであると思うかもしれませんが、TelegramはSignalのフィロソフィーとは大きく異なる複数のオプションを備えています。Signalの方はより伝統的なメッセンジャーとなっており、コンセプトとしてはよりWhatsAppに近いです。しかし、たしかに類似点があります。

メインインターフェイスと会話

両方のアプリケーションのメイン画面ではアクティブチャットのリストが表示されます。メインページからファイル化されているチャットにもアクセスできます。両方のアプリケーションがGoogleのデザインラインに忠実で、アクションの一部が画面の右下に配置されています。そこから検索機能を利用することもできます。

両アプリケーションのスタート画面両アプリケーションのスタート画面

同じように、チャット画面も同じような形になっています。上部には通話やビデオ通話を開始するためのボタンがあります。Telegramの場合はこれらの機能にアクセスするにはメニューを開く必要があります。下部にはテキストボックスと様々なタイプのコンテンツを添付するためのボタンがあります。両方のアプリケーションが画像、動画、ドキュメント、連絡先、位置情報やボイスメモに対応しています。

同じようなオプションのチャット画面同じようなオプションのチャット画面

設定画面

SignalとTelegramそれぞれの設定画面はすごく似ているオプションを提供しています。それらにアクセスすると通知を管理したり、チャットをパーソナライズしたり、他のデバイスをリンクしたり様々なプライバシー機能を設定することができます。またそれぞれのアプリケーションのお客様対応センターへのダイレクトアクセスもあります。

SignalとTelegramの設定SignalとTelegramの設定

その他の共通機能

追加として、両アプリケーションが共通している機能があります。例えば、メモ、ファイルや他のコンテンツを自己送信して保存することができます。両方のアプリケーションであなただけが参加するプライベートチャットを行えます。同時に、SignalとTelegramはグループの作成も似ていますが、参加者の数はTelegramで20万人となっておりSignalの1000人を大きく超えています。

自分とプライバシー会話自分とプライバシー会話

SignalとTelegram:何が違うか

SignalとTelegramの違いはかなりはっきりしています。実際、知っておくべき2つの重要なポイントがあります。

セキュリティーとプライバシー

Signalは完全にセキュリティーとプライバシーにコミットしているアプリケーションです。そしてTelegramはある人達が思っているほど安全ではありません。両者の最大の違いは暗号化のタイプです。Signalはデフォルトエンドツーエンド暗号化を使用しています。これはつまり送信する情報があなたのデバイスから送信される際に暗号化され、受信側が受け取った際に暗号化が解除されることを意味します。この暗号化では転送プロセスの中間地点においてメッセージの内容を確認することができません。Telegramは代わりに、サーバーでの暗号化を使用しています。なので、適切と思える際には暗号化パスワードを知るとメッセージにアクセスすることが可能となっています。この欠点はシークレットチャットでは解決されています。しかし、メッセージのエンドツーエンド暗号化がデフォルトで有効化されている方が良かったでしょう。

プライバシーに関しては、機能するにはたった一つの個人情報しか利用しません:携帯電話番号です。この情報はあなたと関連付けされることもなく、匿名で利用できると言えます。しかしTelegramは情報をあなたと関連付けし、アジェンダやプロフィールの他の情報も同様です。当然、両者とも更に多くの情報を収集するWhatsAppとは大きく異なっていますが。しかし、SignalはTelegramよりも格段にプライベートなアプリとなっています。

追加機能

Telegramは追加機能の点でSignalより高度です。その一例として、チャネルとボットがあります。チャンネルは最新情報を入手するための素晴らしいツールとなっています。これは情報拡散とグループのハイブリッド機能となっており、公共情報を提供するために公共機関や政府機関によって使用されていもいます。そしてボットは機能的な返答、翻訳、言葉の説明などを提供する人工知能との会話です。

Telegramのbotと割引チャンネルTelegramのbotと割引チャンネル

最後に、TelegramはそのAPIによって複数の開発者がすごく有用なオルタナティブクライアントを作成しています。例えば、WindowsではUnigramが提供されており、これはこのプラットフォームを完全にサポートしている素晴らしいユニバーサルアプリケーションです。Signalの場合、少なくとも今の所、オフィシャルクライアントしかありません。

TelegramのWindowsでのオルタナティブクライアントであるUnigramTelegramのWindowsでのオルタナティブクライアントであるUnigram

まとめると、SignalとTelegramは類似点よりも相違点のほうが多い、もしくは重要な違いがあると言えます。ならば、どちらをメッセンジャーアプリケーションとして利用するべきでしょうか?

SignalかTelegram:どちらを選ぶか

この比較ではっきりしたように、Signalはより伝統的なメッセンジャーアプリケーションでプライバシーに焦点を当てています。そのため多くの場合は表面的だけである複数の機能を搭載しておらず、2人の人の間のコミュニケーションにだけ専念しています。実際のところ、SignalTelegramよりもWhatsAppに似ています。Telegramは情報を入手するのに理想的で、ボットのインタラクティブしたり、巨大なコミュニティの作成に利用できます。すごく多機能なコミュニケーションツールでSignalやWhatsAppの代わりというよりも補完ツールと呼べるでしょう。