SignalかWhatsApp 比較、違いとどちらが優れているか

SignalはWhatsAppに対する安全でプライベートなオルタナティブとなっています。しかし、そうなるほどのツールと呼べるでしょうか?プライベートとセキュリティーはコンプリートなメッセンジャーアプリケーションにとって欠点となりますか?このアナライズによってSignalとWhatsAppの何が同じで何が違うかを調べましょう。

SignalとWhatsApp:何が同じか

この二つのアプリケーションの類似点はたくさんあります。SignalはWhatsAppのシンプルさを真似ることに成功した、と言えます。両方ともユーザー同士のコミュニケーションに焦点を当てています。どちらとも目的は同じです:人と人を繋ぐことです。

インターフェイス

SignalとWhatsAppのインターフェイスSignalとWhatsAppのインターフェイス

比較をインターフェイスに注目して始めましょう。AndroidではどちらともGoogleの指定するパターンに従っており、機能ボタンを右側の下部に配置するなど同じアイテムを使用しています。それぞれのメイン画面はどちらともシンプルなチャットのリストです。そこから保存されているチャットにもアクセスできます。重要な点として、どちらとも検索機能を搭載し、この機能は一番アクセスしやすい場所に配置されています。

機能と対応フォーマット

両アプリケーションの機能両アプリケーションの機能

チャットでもインターフェイスはすごく同じで、搭載する機能も同様です。また、様々なダイレクトアクセスが配置されている場所の類似性も特筆すべきものです。上部には通話とビデオ通話のボタンがあります。下にはテキストボックスがあり、メッセージを書いたり様々なタイプのコンテンツを添付するためのボタンがあります。またメッセージの自動削除機能があり、チャットの設定から利用できます。

対応しているフォーマット対応しているフォーマット

SignalもWhatsAppも同じフォーマットに対応しています。テキストだけでなく、写真、動画、GIFアニメーション、ファイル、連絡先や位置情報を送信する事ができます。唯一Signalが備えていない機能はRoomで、このFacebook Messengerのチャットルームは少し前からWhatsAppにもインテグレーションされました。

設定パネル

設定パネルの類似性設定パネルの類似性

確かに同じ配置はしていませんが、両方のアプリケーションの設定画面で同じようなオプションがあります。通知を管理する、チャットをパーソナライズするオプションとストレージの利用に関するセクションがそれぞれ存在しています。それぞれのサポートサイトへのダイレクトアクセスもあります。

セキュリティー

エンドツーエンド暗号化エンドツーエンド暗号化

ここまでで、これらのアプリケーションで違いを見つけるのが難しかったでしょう。しかし、セキュリティーの分野に注目すると、SignalWhatsAppは全く同じです。両方ともエンドツーエンド暗号化を利用しています。なので、送信するすべてのコンテンツは送信と受信の間のプロセスで保護されています。他のユーザーとチャットするための暗号化コードを確認したい場合、チャットインフォメーションから行えます。このように、この情報を表示する画面は両方のアプリケーションでほとんど同じとなっています。

これらすべてのSignalとWhatsAppの類似点はSignalがWhatsAppの代わりになることが十分できる、という証拠です。両方とも同じオプションをすごく似ているインターフェイスから提供しています。しかし、全てが同じではありません。

SignalとWhatsApp:何が違うか

ちょっとした細かな違いを除いてSignalとWhatsAppは主に目では見えないことで大きく異なっています。

プライバシー

SignalがWhatsAppと大きく違う特徴となっているのが提供するプライバシーです。すでに述べたように、両方とも素晴らしいレベルのセキュリティーを提供しています。しかし、メッセージやコンテンツをエンドツーエンドで暗号化するだけでは十分ではありません。WhatsAppはあなたの利用情報をたくさん収集しており、あなたの位置情報、連絡先情報、どのグループに参加しているかなどの情報を集めています。それらの情報はWhatsAppの親会社であるFacebookにとってその他のサービスでより興味のある広告を表示するために最大限に活用及び利用されています。問題を最大限にシンプル化すると、WhatsAppはメッセージのコンテンツ以外のすべての情報を集めている、ということです。

Signalは、他方で、非営利団体に所属しています。そのため、あなたのアクティビティをモニタリングすることはありません。その目的はこのメッセンジャープラットフォームから利益を生み出すことではなく、本当にプライベートな選択肢を提供することにあります。実際、両方のアプリケーションでの類似性はユーザーのプライバシーを侵害することなくたくさんの機能を提供することは可能である、と証明しています。実際、このプライバシーがこれらのアプリケーションの最大の違いとなっています。

ちょっとしたその他の違い

Signalの寄付とWhatsAppのステータスSignalの寄付とWhatsAppのステータス

SignalとWhatsAppの間にはほとんどわからないような細かな違いがあります。例えば、WhatsAppではステータスを作成することが可能で、これは24時間で消去されるオーディオビジュアルモンタージュです。Signalはこの可能性を提供していません。他方で、Signalではユーザーの寄付を募っています。そうやってサービスの保守にかかる費用を賄っています。グループのユーザーの数の制限にも違いがあります。Signalでは1000人まででWhatsAppでは256人です。最後に、Signalではユーザーは自分自身にファイルやメッセージを送信する機能を搭載しており、これはWhatsAppでは不可能です。確かにこれらの違いはすごく細かで両方のアプリケーションがほとんど同じであるという感覚には影響していません。

SignalとWhatsApp:どちらが優れているか

提供している機能だけに注目するとどちらかが優れているかはっきりとすることはできません。しかしプライバシーの分野における優れた性能はSignalを勝者とするだけの理由になるでしょう。結局の所、WhatsAppの機能の殆どを搭載し、同時に重要なプライバシーの補強を提供しているのです。なので、プライバシーに関心があり、WhatsAppの機能で満足しているなら、Signalはあなたにとって理想的なアプリケーションでしょう。ただし、WhatsAppを利用している他のユーザー全員が移行しないと意味がないでしょう