Signalとはなにか、何のために使用でき、なぜ使用するべきか

Signalはプライベートとセキュリティーを大切にするメッセンジャープラットフォームです。同名のアプリケーションはオフィシャルクライアントとして機能し、サービスへのアクセスを提供します。Signalは非営利団体によって運営されており、この団体はユーザーにWhatsAppなどの代わりになる、オープンコードの情報追跡をしないサービスを提供することを目的としています。SignalはAndroidでもiOSでも、Windows、MacOSとLinuxでも利用できます。

Signalの主な機能の一部は以下のものです:

  • 2人かそれ以上のユーザー間で安全でプライベートなメッセンジャーの送信。Signalは他のユーザーへテキストメッセージを送信できます。この送信はエンドツーエンドで暗号化されています。
  • 2人かそれ以上のユーザー間で安全でプライベートなファイルの送信。Signalは追加機能として様々なフォーマットで画像、動画、ドキュメントやボイスメモなどの送信を可能としています。また連絡先や位置情報を送信することもできます。この全てはメッセージの送信と同じようにセキュリティーシステムを経由して行われます。
  • 音声通話とビデオ通話。このアプリケーションを使えば複数のユーザーと通話やビデオ通話が行えます。上述した機能と同じように、このコミュニケーションはエンドツーエンドで暗号化されています。
  • 1000人までが参加できるグループの作成。SignalのグループはWhatsAppやTelegramなどをすごく似ている形で機能します。ユーザーの一人を管理人とする事が可能で、リンクで他のユーザーを招待する事ができます。グループのアイコンをパーソナライズしたり説明を追加する事ができます。

実際のところSignalの機能はかなり一般的なものです。ならば、なぜ利用するべきなのでしょう?このアプリケーションの利用を推奨する最大の理由はそのプライベートの高度なレベルと安全な環境を提供することにあります。確かにライバルも情報送信に置いては似ているセキュリティーシステム、例えばエンドツーエンド暗号化、を提供しているものの、Signalのアプリケーションは個人情報を収集することもなく、何らかのサーバーに送信してアナライズされることもないです。これはこのような様々なタイプの機能を搭載しているコンプリートなアプリケーションであっても可能となっているのです。