Signalは誰が所有しているか

SignalはSignal Messenger LLCという企業が開発して維持しているインスタントメッセンジャーサービスです。このコーポレーションはアメリカ合衆国で登録されており、ユーザーにどこに住んでいようともサービスを提供することを目的としています。

Signal Messenger LLCを他と異ならせる特徴は非営利団体として登録されていることで、501c3タイプとなっています。この法令下にある団体は慈善、文化、教育や科学目的で働いており、資金を増やすことを目的としていません。その逆で、その目的は事業を継続するための基金だけを獲得することです。これを得るためにSignalはユーザーからの寄付を受け取っており、Wikipediaなどの類似したシステムを持つserviceに似ています。

Signalの開発陣が独立した非営利団体によって作業をしていることは、つまり、巨大なテクノロジー企業の影響を受けていないことを意味し、これは直接このプラットフォームの提供するプライバシーとセキュリティーに繋がっています。なので、Signalのオフィシャルクライアントは情報を収集したり、個人情報をアナライズすることも広告を表示することもありません。

そして興味深いことにこの上述した特徴によってこのアプリケーションの機能が不足している、ということはありません。実際、WhatsAppと同じ機能を持ち、Telegramにすごく似ています。様々なタイプのファイル、例えば画像、動画、ドキュメントを送信したり、位置情報や連絡先情報を共有する事が可能です。このため、ユーザーにプライバシーをセキュリティーを提供することは機能を制限することを意味するわけではないことを証明しているコンプリートなメッセンジャーアプリケーションとなっています。

Signalを使い始めたいなら普段どおりにデバイスのアプリケーションストアから入手する事ができます。しかし、最新バージョンを安全で素早くダウンロードしたいならこのページにあるリンクを利用しましょう。