WhatsApp Plusをコンフィグレーションする方法

WhatsApp Plusをコンフィグレーションして使用開始する方法は非常に簡単です。まず最初に、当然のように、APKファイルをダウンロードしてインストールを行います。このチュートリアルの最後にAPKをダウンロードするための緑のダウンロードボタンがあります。起動したらこのメッセンジャークライアントの最も重要なオプションを設定しましょう。

プライバシー

WhatsApp Plusの最も重要な要素の一つがプライバシー機能に関する特徴です。Plus Settings>Privacy And Securityにアクセスします。

プライバシー設定プライバシー設定
  • FreezeLastSeen: このチェックボックスを有効化してクライアントを再起動すると相手にいつオンライン接続しているか表示されることはなくなり、常に未接続と表示されるようになります。
  • Contacts:このオプションをタップすると会話で様々なことを表示させなくする事ができます。既読の青いダブルチェックを表示しなくなったり、通知が届いたダブルチェック、音声を録音しているときに表示される青いマイクのアイコンや入力中録音中といったステータスメッセージを表示しないようにする事ができます。それぞれのチェックボックスにチェックを入れることでその項目を表示させなくする事ができます。
  • Groups:上述と全く同じチェックボックスがありますが、この場合はグループに適用されます。
  • Broadcast:上と同じですがマルチメディア送信に適用されます。
  • CustomPrivacy:現在このオプションでは何もできません。
  • Who can call me?:アプリからあなたに通話を行える相手を制限する事ができます。
  • DisableForwarded:ファイルを他の会話やグループで再送信した際に再送信のメッセージが表示されなくなります。
  • Anti-DeleteMessages:他の人にメッセージを削除される事がなくなります。
  • Show Blue Ticksafterreplay:青いダブルチェックの既読サインは返信したときにのみ表示されるようになります。
  • Hide View Status:ステータスを確認した連絡先にそのことを隠します。
  • Anti-Delete Status:相手がステータスやストーリーを削除してもそれを確認可能になります。

セキュリティー

プライバシーの設定のすぐ下にセキュリティー設定専門のセクションがあります。

セキュリティー設定セキュリティー設定
  • WhatsApp Lock:このオプションを有効化すると指紋センサーを持つ携帯電話で指紋によるアクセスをブロックします。パターンやPINナンバーによるアクセスになります。好きなアクセスオプションを選択できます。
  • ChangePassword:ここではPINナンバーをアクセス方法に選択した場合にその番号を設定する事ができます。
  • ChangePattern:ここではパターンによるアクセスを選択した場合にそのパターンの設定を行えます。
  • RecoveryQuestion:パターンやPINによるアプリへのアクセスを設定してキーを忘れてしまった場合ここからそれを再設定することができます。質問と答えを事前に登録する必要があります。
  • ChangeLock/PatternWallpaper:有効化している場合ブロック画面の背景を変更する事が可能です。
  • MakePattern invisible:アクセスパターンを入力中表示しないようにします。
  • DisablePatternVibration:アクセスパターンを入力中のヴァイブレーションを止めます。

パーソナリゼーション

パーソナライズオプションにアクセスする方法は二つの近道があります。Chatウィンドウから右下部の角にある+のアイコン(フローアイコン)をタップすると複数のアイコンが表示され、その中のペンキローラーのアイコンをタップするとPlus Settingsにアクセスできます。もう一つの方法は右上部の角にある三つの横線のアイコンからアクセスする方法です。

パーソナライズ設定パーソナライズ設定
  • Themes:ここから新しいビジュアルテーマをダウンロードしたり、すでに使用してるものを保存したりインポートできます。
  • Universal:総合カラー、タイポグラフィー、ダークモード、ステータスバーの通知関連、絵文字やお気に入りのGIFプロバイダーに関連する設定はこのセクションにあります。
  • Home Screen:ここにはアプリのイニシャルホーム画面に関連する設定が集まっています。カラー、スタイル、インターフェイス...
  • Chat Screen:チャットウィンドウに関連したコンフィグレーションです。新機能として自分の画像や連絡先の画像を表示するかどうかの設定が加わりました。
  • Widget:アプリのオペレーティングシステムにおけるwidgetの動作を設定することが可能です。

二つの携帯電話番号を使用する

この機能をコンフィグレーションするには特に何か特別なことは必要ありません。単純にWhatsApp PlusとオリジナルのWhatsApp Messengerに対応している別のMODをインストールするだけです。両アプリとも何ら問題なく同時に使用する事ができます。唯一の設定はそれぞれが違った携帯電話番号で機能するように設定することで、しかもその番号も使用可能なものであるべきです。そうしないとメッセージの送受信ができません。