WhatsApp Plusの2021年の新機能:アップデートと変更点

数ヶ月前から一般的になったように、Malavidadで提供しているWhatsApp Plus 2021のバージョンはHeyModsが開発したもので、このチームが現在一番人気のメッセンジャーアプリのMODのアップデートを担当しています。これはオフィシャルな開発ではなく、WhatsApp Plusの様々なバージョンをパラレルで開発してるたくさんのプログラマーが存在しています。

WhatsApp Plusの開発陣は定期的に新機能の追加とエラーの修正を行っています。以下が最新の新機能ですが、すでに次のアップデートについての噂があります。アプリにどのような新機能が追加されるか確認するにはまだ少し辛抱強く待つ必要がありますが。

WhatsApp Plus v15の最新アップデートで追加された新機能

  • WhatsAppのオフィシャルバージョンの2.21.3.19をベースに開発されたWhatsApp Plusのバージョンです。
  • バッテリー消費を引き起こしていた問題が解決されました。
  • アプリのテーマのインストールとアンインストール時に発生したエラーが修正されました。
  • アプリがブロックしてしまうエラーが修正されました。
  • 最近追加されたTelegramのコンポーネントとの互換性の問題が解決されました。
  • パーソナライズ可能なスタイルのタブが追加されました。

これらに加えtWhatsAppのオフィシャルバージョンや他のAndroid向けMODと比較して未だに新機能と呼ぶことができる以前のバージョンで追加された機能が複数あります:

  • 隠しチャット機能つまりHide Chats。リストからチャットを隠して、それにアクセスするためにはアプリのホーム画面から“WhatsApp”をタップすることになります。
  • Home ScreenStoriesバーが (Settings>Home Screen>Headerから有効化する必要がある)。
  • 友達を見つけるための機能。
  • リアルタイムでエフェクトやフィルターを適用したりstickersを使用できる8人までの動画チャット。
  • Storiesのリストから視聴したステータスセクション、最新のステータスと通知を消しているステータスを隠すためのオプション。
  • アプリケーションとその機能を再起動するための機能がメニューに。
  • コンテンツを最大で300までの会話に再送信できます。
  • 3つの点のメニューからチャットをファイル化するオプション。
  • バーコードをスキャンして連絡先を追加できます。
  • プロフィール写真を保存するための機能。
  • Gif2Stickersを含むStickersが写真に。
  • テーマパーソナライズのプレビューが改善。
  • Storiesの制限が動画の場合は5分間に、テキストの場合は250文字に設定されました。
  • マルチメディアファイルの送信制限は動画の場合は80MB、写真の場合は100Mpxに拡大され、同時に1000ものファイルが送信可能に。
  • Megaと Dropboxにバックアップを作成したり、復元を行うことが可能に。
  • 拡散メッセンジャーをプログラミングして送信するためのbroadcast機能。
  • DNDモードつまりDo NotDisturbでアプリをメッセンジャーの送受信を行わない飛行機モードで使用可能に。