WhatsAppを入力せずにメッセージを既読にするその方法

WhatsAppを入力せずにメッセージを既読としてマークするには、2つの前提条件があります。最初の1つでは、携帯電話を手にして画面をオンにするとメッセージが届きます。そのときにメッセージが到着したことを示す通知が画面の上部に表示されます。このメッセージは、既読にするをクリックして、既読にすることができます。

画面をオンにしてメッセージを既読にする画面をオンにしてメッセージを既読にする

2番目のケースではその電話を見ていなくても持っていなかったときにメッセージが届きました。この場合、端末の画面をオンにすると、ロック画面に表示されます。

ロック画面の通知ロック画面の通知

1本の指で下にスワイプして通知を表示し、既読にするをクリックします。

メッセージをロック画面から既読にするメッセージをロック画面から既読にする

それと同じくらい簡単です。このようにして、メッセージは既読としてマークされ、新しいWhatsAppの通知が邪魔されなくなります。このトリックは、二重の青色のチェックを無効にした場合に特に役立ちます。そうでない場合、メッセージを読み、返信していないことが表示されます。

この機能は2018年7月から利用可能になり、ベータ版を介してアプリのテストを支援するユーザーが初めて利用できるようになりました。それが実装されて以来、機能をアクティブにするために特別な手順に従う必要はなく、それ以来、それはすべてのユーザーによって完全に正常に使用されてきました。繰り返しになりますが、二重の青いチェックを有効にした場合、連絡先はメッセージを読んだことを確認し、代わりに応答しないことを強制します。