WhatsAppでリアルタイムにて現在地を共有する方法

WhatsAppで現在地をリアルタイムで共有するにはそのアプリを開いて中で場所を共有したい連絡先を見つける必要があります。見つかったら、それをクリックします。

WhatsAppメインメニューWhatsAppメインメニュー

会話画面でクリップアイコンをクリックしていけば添付ファイルを連絡先に送信します。

WhatsAppに関する会話WhatsAppに関する会話

次のメニューが表示されます。ここで、場所をクリックする必要があります。

WhatsAppの添付オプションWhatsAppの添付オプション

次のメニューが表示されていくつかのオプションがあります。

場所を送信するオプショ場所を送信するオプショ

ライブの場所を共有をクリックすると、会話の参加者(または参加者)があなたの場所をリアルタイムで確認できます。使用していけばそのアプリを使用しなくても、選択した期間、現在地が共有されます。これを押すと、画面に次のように表示されます。共有するには、送信ボタンを押す必要があります。

リアルタイムの場所リアルタイムの場所

次のオプションは、現在地を送信することです。これにより、現在地が会話に送信されます。

現在の場所現在の場所

ライブの場所とは異なり、現在の場所を送信すると、現在の場所のみが送信され、リアルタイムで共有されることはありません(参加者は常にあなたがどこに行っているかを見ることができません)。

また、共有できる近くの場所がいくつかあることがわかります。これらの場所をクリックすると、直接会話に移動します。

近くの場所近くの場所

しかし、最も興味深いのは、虫眼鏡ボタンをクリックして特定の場所を検索することです。

特定の場所を検索する特定の場所を検索する

見つかったらそのクリックした適切と思われる連絡先に送信します。

場所が送信されました場所が送信されました

ご覧のとおりにその場所を共有する方法はいくつかあります。これらはすべて、ユーザーにとってシンプルで簡単です。