WhatsAppで太字、斜体、取り消し線などを使用する方法

WhatsAppでテキストを太字、斜体、取り消し線で表示するには、変更するテキストの前に特定の文字を配置する必要があります。たとえば各テキストを太字にするには、単語または語句の最初と最後にアスタリスクを付ける必要があります。これは、執筆の時点で私たちがそれをどのように見るかです:

太字で書く太字で書く

そして、送信する時:

結果のテキストを太字にします結果のテキストを太字にします

イタリック体にするには次のようにアスタリスクをアンダースコアに変更します。

イタリックで書くイタリックで書く

メッセージを送信した後での表示:

イタリックの最終結果イタリックの最終結果

最後にそのテキストを取り消し線にするには、次のようにテキストをチルダ(〜記号)の間に配置する必要があります。

取り消し線付きのテキスト取り消し線付きのテキスト

連絡先は次のように受け取ります。

チャットでの取り消し線のテキストの表示チャットでの取り消し線のテキストの表示

テキストをフォーマットするこの可能性はそのWhatsAppで長い間アクティブになっており、さまざまなトーンで受信者に送信するメッセージを強調するもう1つの方法です。テキストのフォーマットに使用される文字はそのMarkdownと呼ばれる、オンラインコンテンツの編集で使用されるマークアップ言語から直接描画されます。

その究極の目的は最大限の読みやすさと出版の容易さを達成することですが、この言語で出版の世界で意図されているのは、ライターがテキストからフォーマットするためにキーボードから手を離す必要がないことです。マーチ。 WhatsAppでのこのマークアップの使用の背後にある考え方はまったく同じです。キーボードを非表示にする必要がなくそのテキストのさまざまな部分を書き込んでいるときに強調表示できるということです。覚えやすいルールを知っていれば十分なので、明らかに非常に使いやすいです。