WhatsAppかTelegramか:比較と違い

インスタントメッセージは今や私達の生活に欠かせないものです。メッセージの送信のためのアプリケーションは無数に存在しますが、WhatsAppTelegramは最も使用されている二つのアプリです。そのため、この記事ではそれぞれがどのようなものか、どの目的を持っているか、そしてどれが鍵となる機能であるかを説明します。

WhatsAppTelegramは何が似ているか

インターフェイスについては、両プラットフォームには多くの類似性があります。WhatsAppもTelegramも最も基本的な機能はユーザー間のメッセージ送受信です。そのため、両方のスタート画面は会話のリストで構成されており、不必要な内容が追加されていません。このリストは時系列で整理され、最も新しい会話が上に表示されます。

チャットリストチャットリスト

会話のどれかにアクセスするとオプションも類似していることに気づきます。最も配置は異なります。WhatsAppでは通話やビデオ通話へのアクセスがダイレクトで表示されますが、Telegramでは上部のオプションメニューの中にあります。下部も同じで、テキストボックスと様々なコンテンツを送信するためのオプションがあります。

チャットオプションチャットオプション

設定メニューは両アプリケーションで同じオプションを提供しています。最も当然、同じようにカテゴライズされてはいません。しかし、通知のコンポーネントを変更したり、チャットやプロフィール画像、そしてアプリのストレージの利用については両方とも変更可能です。さらに、両方ともよくある質問やサポートページへのダイレクトアクセスを提供しています。

新しい会話を開始する新しい会話を開始する

スタートに戻ると、WhatsAppでもTelegramでも新しい会話を開始するオプションがあります。グループの作成、配布リストやチャンネルなどの作成もできます。どちらにせよ、どちらでも新しい会話を開始するのはすごく簡単です。

コンフィグレーションメニューの比較コンフィグレーションメニューの比較

セキュリティーに関しては、両方ともエンドツーエンドで暗号化されたチャットを提供します。WhatsAppはOpen WhisperSystem暗号化システムを使用し、デフォルトでこの機能を搭載しており、解除することができません。Telegramの場合、256bitsのAESシステムを持ち、2048bitsのRSAとDiffie-Hellmanキー交換システムをコンビネーションし、横メニューからNew Secret Chatをタップして使用することが必要です。両プラットフォームともこのため、ユーザーのプライバシーを保護するインスタントメッセージとして基本的な特徴を備えています。

エンドツーエンド暗号化エンドツーエンド暗号化

テキストメッセージの送信に加えて様々なタイプのコンテンツの送信も含まれています。WhatsAppは連絡先、ファイルやドキュメント、画像、動画や音声の送信でTelegramと同レベルまで到達しました。また、両方とも音声メッセージ、動画や写真の撮影をアプリケーションから直接行えます。WhatsAppでのドキュメントの容量制限は100MBで、Telegramの場合は1,5GBです。

ファイルとマルチメディア送信ファイルとマルチメディア送信

グラフィックアイテムの送信に貸しては、両方とも無料でダウンロードできるスタンプコレクションを搭載しています。両方ともクライアントから使用することが可能で、第三者のアプリケーションを使用する必要がありません。

スタンプストアスタンプストア

最後に、配布も同じ方法で行われています。WhatsAppもTelegramも同じアプリケーションストアで提供されており、Google PlayやApp Storeでダウンロードできます。当然、Malavidaも両方のアプリケーションの最新バージョンの安全なダウンロードを提供しています。

WhatsApp Telegramの違っている点

このように、WhatsAppもTelegramも基本的な利用をする際には大きな違いがないことははっきりしています。しかし、両者とも相互に異ならせる一連の特徴を備えています。

主な違いは機能するために使用しているストラクチャーのタイプです。WhatsAppはクラウドで機能しませんが、Telegramはします。両方ともコンテンツの送受信にデーター接続を使用しますが、前者の場合これらは送受信するデバイスにしかホストされません。逆にTelegramはデフォルトとしてコンテンツをクラウドに保存します。これはユーザーエクスペリエンスに影響を与え、WhatsAppには一つの場所からしかアクセスできず特定のデバイスに依存するのに対して、Telegramはどんなパソコン、携帯電話やタブレットなどインターネットに接続しているデバイスから利用できます。なので、ユーザーにとってはプライバシーか快適性のどちらを選択するか、という違いになります。

追加として、両方のアプリケーションでユニークな機能があります。例えば、WhatsAppは画像でステータスを作成可能で、リンクが動画も使用できます。Instagramのストーリーに似ており、これらのステータスは24時間過ぎると自動的に消去されます。

WhatsAppで新しいステータスを作成WhatsAppで新しいステータスを作成

そして、Telegramはチャンネルの作成が可能で、情報の配布のために政府機関などもこれを使用しています。WhatsAppがこれに似ている機能として提供しているのが配布リストです。しかし、このツールはより多くの制限があり、ユーザーが自分から登録する事ができません。グループの制限に関しては、Telegramは最大で10万ユーザーまで可能なのに対してWhatsAppは256人までだけです。

Telegramでチャンネルを作成するTelegramでチャンネルを作成する

もう一つの重要な違いはTelegramは同時に一つのデバイスから複数のアカウントを使用することが可能なのに対してWhatsAppはそれができないことです。

Telegramで新しいアカウントを追加するTelegramで新しいアカウントを追加する

最後に、Telegramが完全にオープンあAPIアプリケーションであることを述べます。そのため、殆どのプラットフォームでオフィシャルクライアントの他にノンオフィシャルクライアントもあります。サービスをiPhone、iPadでもAndroidでも使用できます。デスクトップからもWindowsやMacOS向けアプリケーションで使用できます。そして実際には、ウェブクライアントを使用すればどんなデバイスからも利用でき、携帯電話に一切依存する事がありません。当然、これはTelegramのWhatsAppに対する長所の一つとなっています。

WhatsApp vs. Telegram: どちらを選ぶか

このアナライズで両アプリケーションともインスタントメッセージとしては完璧な機能を果たしてることが分かります。しかし、WhatsAppはより制限があるアプリケーションで、主に、ユーザー同士のインタラクティブを念頭にしています。Telegramは代わりに、すごく多機能なツールで、個人チャットだけでなく、チャンネルや高度なグループの作成も可能となっています。インターネットに接続しているどんなデバイスからもアクセスする事が可能です。しかし、エンドツーエンド暗号化シークレットチャット機能を持つものの、ユーザープライバシーをデフォルトで犠牲にしてこれらの高度な機能を提供しています。

まとめると、両方のプラットフォームとも共存する事が可能で、特にWhatsAppを使用する多くのユーザーにとってこちらを友達や家族との連絡に使用し、Telegramを医者、機関や企業との連絡ように使用することが多いでしょう。