WhatsApp vs. LINE: 違いと比較

その人気によってWhatsAppにはライバルが居ないと思うかもしれません。しかし、その地位を脅かしているたくさんのオルタナティブアプリが存在しています。その一つがLINEで、単純なテキストメッセージ送信を超えた素晴らしいツールです。日本で2011年にリリース開始されたこのアプリは現在4億人を超えるユーザーを抱えています。アメリカのプラットフォームのライバルとなりえますか?ここで答えを見ましょう。

WhatsApp とLINEは何が似ているか

両方のアプリケーションともメッセージの送信という基本的な機能を共通しています。そのため、インターフェイスを比較すると、すぐに類似性に気づきます。最新の会話に素早くアクセスするためのチャットリストが表示されます。

チャットリストチャットリスト

通話リストも同じようです。二つとも通話とビデオ通話を行う事が可能でインターネット接続でそれを行います。伝統的なパターンを利用し、どんな端末にもある通話アプリを使用しています。着信を確認したり、かけた番号を確認したり、簡単に不在着信を確認できます。

通話リスト通話リスト

他方で、コンフィグレーションメニューはどちらとも似ています。基本的な設定が両方アプリケーションで提供されており、通知、プロフィール画像、さらにはステータスにメッセージを入力することが可能となっています。

プロフィールと設定の管理メニュープロフィールと設定の管理メニュー

確かにWhatsAppのStatusセクションは24時間で消えるコンテンツをユーザーが投稿できるという点でLINEのTimelineにすごく似ていると指摘できます。こちらは、さらにこのセクションでTikTokに類似している機能を一部提供し、インタラクティブフィルターなどがそれに当たります。

両アプリケーションにおけるステータス作成両アプリケーションにおけるステータス作成

ファイル、写真、動画の送信は両方のアプリケーションで可能です。WhatsAppは100MBの制限があります。そして、LINEには制限がないものの、50MBを超えるファイルはクラウドに30日間しか保存されません。そしてこちらのアプリは互換性が無いと判断したファイルをZIPファイルに圧縮することも述べるべきでしょう。使用の際には、WhatsAppもLINEもどんなファイルも送信する事が可能となっています。

共有オプション共有オプション

セキュリティーとプライバシーに関しては、両方のプラットフォームでエンドツーエンド暗号化が実装されています。WhatsAppの場合、Open WhisperSystemプロトコルを利用し、これはSignalなどのアプリでも利用されています。LINEの場合は、E2EEを使用してコミュニケーションを暗号化します。この保護はWhatsAppでもLINEでもデフォルトで有効化されており、ユニークなことに、LINEでは無効化することが可能です。どちらにせよ、送受信者しかメッセージを読むことができません。

エンドツーエンド暗号化エンドツーエンド暗号化

最後に、両方とも無料で主なストアで配布されており、Google PlayでもApp Storeにもあります。そして当然、Malavidaでもそれぞれの最新バージョンの安全なダウンロードリンクが提供されています。

WhatsAppとLINEは何が違うか

WhatsAppとLINEの違いはそれぞれの持つ高度な機能にあります。WhatsAppの方はコミュニケーションに専念しているアプリケーションで、それにはテキストメッセージ、通話とビデオ通話が含まれています。LINEは代わりに、サービスを多機能化し、すごく興味深いたくさんの特徴をユーザーに提供しています。その優れた一例がLine Payで、ユーザーはお店での支払いに使用することができます。確かに特定のマーケットでしか見かけませんが、WhatsAppとの大きな違いとなっています。

LINE PayLINE Pay

提供している機能も多様です。例えば、ラインは独自のアンチウイルスもリリースしています。

LINEのアンチウイルスLINEのアンチウイルス

Telegramにすごく似ている機能としてLINEのKeep Memo機能はパーソナルスペースにメッセージ、写真、動画やリンクを保存する事が可能です。クラウド機能によって複数のデバイスでこのコンテンツを同期する事が可能です。WhatsAppはこれに似ている機能を提供しておらず、最も似ている機能はメッセージとなっています。

Line Keep MemoLine Keep Memo

同時に、LINEにはゲームも含まれており、特別なカメラアプリケーション、オフィシャルアカウントリスト、スタンプの作成ツールやたくさんの高度な機能をWhatsAppよりも提供しています。

これに関しては、似ているスタンプのレポジトリーを両方とも提供しているように思えるものの、実際には、すごく異なる哲学を持っています。WhatsAppではこれらのアイテムを無料でダウンロードすることができます。しかし、LINEには巨大なストアが存在し、ちょっとした値段のバーチャルメダルを現金で換金してユーザーが独自のスタンプを購入できます。実際、これはLINEの主要な収入源の一つです。

有料スタンプストア有料スタンプストア

最後に、両方ともグループの作成やグループ通話が可能ですが、それぞれに一定の制限があります。WhatsAppのグループは256人までが制限で、LINEでは499人までです。また、グループ通話はそれぞれ8人と200人までの参加者制限があります。この点での違いははっきりしています。

WhatsAppとLINE: どちらを選ぶか

この記事で紹介した両方のアプリケーションとも基本的な機能が似ています。両方とも2人以上の人とチャット、グループ、通話やビデオ通話でコミュニケーションを行う事が可能です。確かにWhatsAppのほうが新しい機能を追加する際に保守的な判断をしています。そして多くの場合、機能の登場がかなり遅れました。LINEはその代わりに、ユーザーに一般的な基本的な機能なだけでなく、さらに多くのサービスやアプリケーション群をリリースし、体験をさらに豊富なものにしています。

結論とすると、本当に高度なメッセンジャーアプリケーションが欲しいなら、LINEが最善の選択肢でしょう。しかしシンプルさと使用の簡単さを求めるなら、当然WhatsAppになります。当然、さらに、それぞれが特定のマーケットで支配的な地位にあることも念頭に置きましょう。このため、どちらを選ぶかは周りの人がどれほどどちらを使用しているかに大きく影響されることでしょう。