Windows 10のユニットの文字を変更する方法

Windowsは接続しているユニットやディスクのパーティションをそれぞれ文字で識別しています。この方法はCDやDVDリーダーにも活用され、外部接続ハードディスク、さらにはUSBメモリーやカードメモリーなどにも及びます。指定される文字はシステム独自の要素に応じて与えられ、自動的に付与されますが、Windowsではそれを変えることができます。そのためにはコントロールパネルから行います。それにアクセスするためにWindowsの検索を開きcontrol panelと入力しましょう。

コントロールパネルを開くコントロールパネルを開く

次いでSystem and Security設定セクションを見つけましょう。

システムオプションを開くシステムオプションを開く

次のリストでCreate and formathard disk partitionを選びます。アクセスするにはそのアカウントで管理者権限を持っている必要があります。

ディスクマネージャーを開くディスクマネージャーを開く

文字を変更したいデバイスもしくはパーティションを選択します。その後マウスの右ボタンでクリックしてChange Drive Letter and Pathsを開きます。

ユニットの文字を変えるユニットの文字を変える

表示されるダイアログで新しい文字を指定したいユニットを選択してChangeをクリックします。

ユニットを選択するユニットを選択する

Assign the following drive letterのそばにある展開メニューを開きましょう。選択したそのユニットやパーティションに指定したい文字を選びます。

ユニットの文字を選択するユニットの文字を選択する

変更を保存するためにOkボタンをクリックします。

変更を適用する変更を適用する

それ以降パーティションやデバイスを識別する文字が変換されます。外付けハードディスクやUSBメモリーなどをこの方法で変更した場合、これはそのデバイスを接続し直しても変更されたままです。システムのパーティションに指定されている文字を変更することはやめましょう、これはパソコンに深刻なエラーを発生させる可能性があります。このプロセスは外部ストレージデバイスや二次的パーティションにしか適用しないことを確認して実行しましょう。