Windows 10でDLLファイルを削除する方法

DLLファイルはWindows向けに開発された多くのアプリケーションにとって必須なファイルです。DLLの中には完全にせよ、一部にせよ、ソフトウェアが正しく機能するために必要な起動可能コードが含まれています。DLLという名前はDynamic Library Linkの略で、日本語ではダイナミックライブラリーリンクと呼べます。

特定のDLLを削除してしまうのは最悪な結果をもたらす可能性があります。そのため、何かを行う前に、削除するDLLファイルがすでに不要になっていると確実に確認する必要があります。そうでないと、オペレーティングシステムが機能しなくなる可能性があり、最悪の場合、完全に使えなくなります。しかし反面に、不要なDLLファイルを削除する行為はパフォーマンスとパソコンの健康に良い結果をもたらします。この不要になったものは例えばアンインストールしたプログラムの残りファイルだったりします。これを実行するためにDLL Archiveを推奨します。

このツールはパソコンからすべてのDLLを見つけ出し、どれがすでに不要になったか調べ、それらを一つのフォルダーにまとめていくことができます。シンプルなインストールプロセスの後で起動してConfigurationをクリックしましょう。

検索をコンフィグレーション検索をコンフィグレーション

次いで、Onlydisplay 0-hitsオプションを有効化しましょう。Enabledとして設定しましょう。

不要なDLLだけを検索する不要なDLLだけを検索する

そして、SearchボタンからDLLファイルの検索を開始しましょう。

検索を開始する検索を開始する

ハードディスクのスキャンを完了するまで辛抱強く待ちましょう。完了したら、不要となっているすべてのDLLファイルのリストが表示されます。単純にArchive allをクリックしてそれらすべてをフォルダーに保存しましょう。

すべてのDLLをファイリングするすべてのDLLをファイリングする

大切なのはリストに不要となっているDLLしか表示されていないことを確認することで、 Hitsの分野に0とマークされていることがそうであると証明します。他のマークが有る場合、重要なDLLもファイリングしてしまう可能性があります。不要なDLLはすべて次の場所に移されますC:\Windows\DLLArchive

不要なすべてのDLLを一つの場所にまとめたら、パソコンを再起動してすべてが正確に機能することを確認しましょう。問題がない場合、ライブラリーからの抽出が成功したことを意味します。その場合、DLL Archiveフォルダーを完全にデリートできます。もし何らかの問題が発生する場合、そのフォルダーにアクセスしてテキストファイルfilelist.txtを開きそれぞれのDLLのオリジナルルートを確認しましょう。これによって必要となる場合は復元を行えます。