Windows 10でWindows Defenderを無効化する方法

Windows 10にはパソコンを外部からの攻撃から保護するためのいくつものツールがあります。このセキュリティーシステムは特定の脅威となりえると認識されてしまったアプリケーションをインストールするために無効化する事が可能で、 パソコン全体のパフォーマンスを向上させるためにも無効化できます。

Microsoft Defenderを無効化するにはシステムのコンフィグレーションを開いて、Update& Securityをクリックしましょう。

セキュリティー設定を開くセキュリティー設定を開く

その後、横側にあるWindows Securityセクションを開き、Virus &threatprotectionをクリックしましょう。

Windows 10のセキュリティーオプションWindows 10のセキュリティーオプション

すぐにWindowsのセキュリティーセンターが開きます。Virus &threatprotectionセクションを見つけManagesettingsをクリックしてアンチウイルスの設定にアクセスしましょう。

アンチウイルスプロテクション設定アンチウイルスプロテクション設定

そうしたらReal-time protectionオプションを無効化しましょう。さらに下にあるスクロール操作で行えます。

リアルタイム診断を無効化リアルタイム診断を無効化

それ以降Windows10のアンチウイルスは停止されます。この変更は一時的であることを忘れないでください。なので、システムは自己保護のために自動手に再びMicrosoft Defenderを有効化してしまいます。これによって再度ウイルスやその他のマルウェアなどへのプロテクションが実行されます。

このプロセスを実行する前にこれが意味するリスクを理解する必要があります。Windowsのセキュリティーツールはシステムをクリーンに保ち予期される攻撃から保護することを目的としています。これらの攻撃によってパソコンの機器がエラーを起こしたり、重要な情報を失ってしまったりプライバシーの侵害が生じる可能性があります。MalavidaからはWindows10のセキュリティーシステムを無効化する場合にはまず最初にパソコンをネットワーク接続を停止してからにすることを推奨します。他方で、詳細元が不明なアプリケーションを起動する際には適切な知識を持って行うこと、そして本当に信頼できるものだけをインストールすることを推奨します。