キーボードショートカットでWindows10でウィンドウを隠す方法

ネイティブ設定としてWindows10はデスクトップのウィンドウをマウスを使わずに操作する事ができます。この目的のためにMicrosoftのオペレーティングシステムはどんなアプリケーションでもウィンドウサイズを変更し、ウィンドウ間で移動したり、素早く最小化するためのいくつかのキーボードショートカットを搭載しています。この記事ではこの最後の目的のための方法を中心に説明します。

作業しているアプリケーションを最小化するためには以下の異なる方法を使用できます:

  • Windows + ↓: このコンビネーションを使ってどんなフル画面のウィンドウも小さくすることができます。再び使用すると最小化されます。逆に上向きの矢印を使用するとウィンドウを大きくする事ができます。
  • Windows + D. このキーボードショートカットは全てのウィンドウをタスクバーへと移行させます。このショートカットの利点の一つは最小化した後で再びこのキーを使うことで全てのウィンドウを以前の状態に戻す事ができる点にあります。素早くアプリケーションを隠したり再び表示するために有効です。
  • Windows + M. この二つのキーを同時に使用することでWindowsはデスクトップを表示します。なので、上述とほとんど同じ効果を得ることができ、唯一の違いは以前の状態に戻すということができない点にあります。

これらのショートカットに加えて素早く画面で開かれているウィンドウを隠すための高度なアプリケーションを使用することができます。

例えば、 Fast Windows Hiderは特定のリストのアプリケーションを隠したりサウンドが再生されているアプリケーションを無音化する事ができます。また、タスクバーから隠しアプリケーションを非表示化するための機能をもあります。

Fast Windows Hiderのプレビュー表示Fast Windows Hiderのプレビュー表示

これらのアクションをキーボードショートカットで使用することもでき、上述したのと同じような形で素早く隠したり表示したりする事が可能となります。

しかし、ほとんどの場合で、開かれているアプリケーションを素早く隠すにはWindows10のウィンドウマネジメントシステムで十分でしょう。