Windows 10でインターネットからファイルのダウンロードを阻止する方法

Windows 10にはインターネットからファイルのダウンロードをブロックする複数の方法があります。どの方法を選択するかは普段どのブラウザを使用するかによります。以下に最も使用されるブラウザそれぞれで詳細にプロセスを説明いたします。

Internet Explorerでダウンロードをブロックする

Internet Explorerでダウンロードをブロックするにはインターネットオプションを使用する必要があります。Internet optionsからそれらのオプションにアクセスできます。

インターネットオプションインターネットオプション

その後SecurityタブからCustomLevelをクリックします。

パーソナライズされたセキュリティーレベルパーソナライズされたセキュリティーレベル

表示されるウィンドウでDownloads セクションにアクセスして全てのオプションを無効化します。

Internet Explorerのダウンロードを無効化するInternet Explorerのダウンロードを無効化する

変更を保存して適用させましょう。それ以降Internet Explorerはファイルダウンロードする権限がなくなります。

Google Chromeでダウンロードをブロックする

Google Chromeでダウンロードをブロックするには以下のことを行います。regeditを検索して履歴エディターを開きます。

レジストエディターを開くレジストエディターを開く

次いで以下のルートへとアクセスしますComputer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Google\Chromeもし存在しない場合、作成する必要があります。そのためには Policiesに右ボタンでクリックを行いNewからKeyをクリックします。まずはGoogleのキーを作成してその同じ方法をファイル内で繰り返してChromeキーを作成します。

新しいルールを作成新しいルールを作成

その結果として以下のキャプチャーと同じ画面が表示されるはずです。

レジストに新しいルールを作成レジストに新しいルールを作成

DWORD (32 bits) バリューを作成するためい右ボタンをクリックします。新しいバリューの名前はDownloadRestrictionsであるべきです。

レジストに新しいバリューを作成レジストに新しいバリューを作成

それをクリックしてバリューの値を3に変更します。

バリューを変更するバリューを変更する

ブラウザを再起動して変更を適用させます。それ以降Google Chromeはパソコンでダウンロードを行えません。

Firefoxでダウンロードをブロックする

Firefoxの場合、Publicfoxと呼ばれる拡張ツールを使います。

有効化したらFirefoxの拡張機能ゾーンからツールの設定へアクセスします。

拡張機能のオプション拡張機能のオプション

どのタイプのファイルをブロックするか選択することができます。また、このコンフィグレーションに他の人が変更を加えないようにパスワードでブロックをすることも可能で、それぞれのファイルのダウンロードを個別に許可不許可するようにする事もできます。

ダウンロードできないファイル拡張子を選択するダウンロードできないファイル拡張子を選択する

変更を保存すると、Firefoxは自動的に設定したフォーマットのファイルをダウンロードすることはありません。

Microsoft Edgeでダウンロードをブロックする

新しいChromiumをベースにしたMicrosoft Edgeの場合、Google Chromeと同じプロセスを利用してダウンロードをブロックする事ができます。しかし、履歴の新しいバリューは以下のルートに作成するべきですComputer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Edge.。もし存在しないなら、Google Chromeのセクションで説明したのと同じ方法で作成を行えます。以下の画像のような結果が表示されます。

Microsoft Edge向けレジストを作成Microsoft Edge向けレジストを作成

同じように、これによってMicrosoft Edgeはインターネットから一切ファイルをダウンロードすることがなくなります。