Windows 7からWindows 10に更新する方法

Windows 10をリリースした際にマイクロソフトはオリジナルライセンスのWindows 7とWindows 8を所有しているユーザーが無料で新しいバージョンに更新できるようにしました。最初は一定期間のプロモーションとして行われたものの今でも以前のバージョンから新しいバージョンに移行することは可能で、正しオリジナルライセンスを持っている必要があります。

必要となるのはインターネット接続とMedia Creation Toolで、これはソフトウェアフォーマットのアシスタントでありこの更新、つまりWindows 7からWindows 10へと移行するためにユーザー向けにリリースされているソフトです。

このツールのダウンロードから始めましょう。ここで提供している緑のダウンロードボタンをクリックして、次のページでも必要となる場合同じように緑のボタンをクリックします。EXEファイルを入手することになります。更新を行うパソコンでダウンロードした場合は最適ですが、別のパソコンでダウンロードした場合は更新するパソコンにファイルを移しましょう。

ファイルをダブルクリックしてツールを起動させましょう。まず最初に行うのはAceptをクリックして使用許諾に同意することです。

Media Creation Toolの使用許諾を承認するMedia Creation Toolの使用許諾を承認する

新しいウィンドウでUpgradethis PC nowを選択します。提供されているオプションの最初のものです。その後下部にあるNextをクリックします。

Upgrade this PC Nowを選択するUpgrade this PC Nowを選択する

パソコンに必要となるファイルがすべてダウンロードされるまで待ちましょう。数分かかることがあります。すべての準備ができたらInstallをクリックします。

システムの更新を確認するシステムの更新を確認する

ファイルとプログラムにエラーが生じる事はありません。その瞬間から通常通りに完全に合法な形でWindows 10の使用が可能となります。

Windows 7の海賊版を所有している場合はどうなるのでしょうか?Windows 10に更新することは可能ですが、アクティベーションすることができません。Windows 10の特徴の一つがライセンスなしでインストールして使用することが可能なことで、しかしそれにはインターフェイスのパーソナライズオプションの制限や少し邪魔なアクティベーションする必要がある、との警告の表示があります。最終的なアクティベーションのためにはライセンスの購入が必要です。

また、この更新を行うにはWindows 7の少なくともSP1バージョンが必要で、Windows 10のハードウェアの条件をクリアしている必要があります。最もこれはWindows 7とほぼ同じなので問題が生じることはあまりないでしょう。