Windows 10を更新する方法

Windowsを更新するには唯一必要なのはパソコンを起動しインターネットに接続するだけと言えます。新しい更新が存在する場合、Windowsのオペレーティングシステムがそれを見つけすぐにハードディスクにダウンロードし自動的にそれをインストールします。そうしないようにあなたがコンフィグレーションしている場合は別ですが(この機能を無効化するオプションが存在します)。つまり、オペレーティングシステムはあなたが何らかの行動を起こさずとも自動的に最新バージョンに更新されるのです。このバージョンに追加されている新機能の一つであり、多くの場合に問題を発生させたものの、実際のところかなりの長所ともなっています。

Windows 10は定期的に新しいバージョンの検索を行いあなた自身で行うという作業をスキップすることができます。どちらにせよ、この機能を無効化したもしくは自分自身で最新バージョンをインストールしていることを確認したい場合にはまず最初に行うべきことはWindowsのイニシャルメニューからギアの形のアイコンをクリックしてコンフィグレーションにアクセスすることです。

Windows 10の設定へアクセスWindows 10の設定へアクセス

オプションがすべて表示されたらそこからUpdate&Securityを選択します。

Update&Securityに入るUpdate&Securityに入る

その後Windows Updateにアクセスします。左のメニューにある最初のエントリーです。更新の検索を行うためにCheckforupdatesをクリックしましょう。

Check for updatesをクリックしますCheck for updatesをクリックします

最新バージョンがインストールされているならWindowsはパソコンが更新されていることを通知します。そうでない場合、提供されている更新をダウンロードしてインストールするように推奨します。それを行う場合、ダウンロードされるまで数分待って、再起動を行えばパソコンは最新バージョンに更新されていることでしょう。

特定のタイミングやWindows 10の更新では多くのユーザーはWindowsがユーザーの無効化を一切無視してオペレーティングシステムを更新してしまうことに批判を寄せました。しかしそれらのケースはあまり多くなく、あなたの場合では生じないことでしょう。何らかの問題が生じた場合はすぐにサポートサービスに連絡しましょう。