Google Play Servicesとは何か、何のために使用されるか

Google Play ServicesとはシステムのアプリケーションでありGoogleのエコシステムを採用しているすべてのAndroid携帯電話にプレインストールされています。アプリは実際にはGoogleが開発したライブラリーのまとまりであり、Googleのサービスを自身のアプリで使用できるようにすべてのアプリ開発者向けに開放されています。それによってユーザーにたくさんの利点を提供しています。GoogleサービスをAndroid、携帯電話のアプリとGoogleのオンラインサービスを結びつけるものと理解できます。

Google Play ServicesはあなたのAndroidとそのアプリをGoogleのオンラインサービスと接続します。隠れたバックグラウンドで機能を行い普段はこれとインタラクティブすることはありません、例外は特定のアプリがこの機能へのアクセスを求める際に有効にする場合です。実際、AndroidのSDXのような特別に開発されたツールやroot化された携帯電話を使わずに機能を停止させたりアンインストールすることはできません。

普段見えないとはいえ最も重要なアプリの一つでデバイスですべてが正しく機能するように保証します。すべてのGoogleが認証しているデバイスにインストールされています。プレインストールされていない携帯電話も存在します、例えばマイナーなメーカーの端末やGoogleのツール(Gmail、Google Maps、Google Play Store...)を使用しないようにパーソナライズされたROMを持つ端末がそうですが、それにGoogle Play Servicesをインストールすることは可能で、その機能を活用できます。

アプリの開発者にとっては非常に大きな利点で、オペレーティングシステムの変更が加わったときもアプリのコードをすべて確認する必要なく、時間と労力を節約しつつ同時に行われた変更後もアプリが携帯電話で使用できることを保証できます。

携帯電話で使用する際には様々な目的で使用されます。正確な使用法に関して、以下に幾つかの例を挙げています:

  • アプリの確認と更新。
  • プロダクトの改善のためにGoogleに統計を送信する。
  • アプリでGoogleアカウントで認証を行う。
  • Google Castデバイスとインタラクティブする。
  • Google Driveの機能を有効にする。
  • ゲームに達成度などの機能を追加する。
  • セキュリティーのチェックを行う。
  • アプリ内からGoogleでの検索やMapsなど他のツールでの検索を有効にする。
  • 近くのデバイスと接続する。
  • Googleの有料サービスへのサポートを行う。
  • Android Wearデバイスへのサポートを提供。