WhatsApp Plusは合法か?

WhatsApp Plusはアプリケーションとしては非合法です。WhatsApp Messengerにインバーター工学を使用して開発されており、使用許諾に違反しています。しかしその使用そのものは違法ではありません。ただし、常にリスクを考慮する必要があります。

アプリとしてのWhatsApp Plusは権利者の許可なくオリジナルから開発されています。WhatsApp Messengerのコピー品でソースコードを使用して新しい機能を追加するために変更を加えています。著作権法とオフィシャルバージョンのWhatsAppの使用許諾に関連してこれは違法で使用許諾の侵害を意味しています。WhatsApp IncがWhatsApp Messengerの開発企業で(これがオフィシャルのWhatsApp)、第三者が変更を加えるためにソースコードを開示したことがありません。許可なくこれを行うことで犯罪を犯しており、それは違反者が権利者から直接の訴えを受けていなくても同じです。ただし、同社はAPKとそのリンクの削除を管理人が配布していた掲示板からの削除を要請しました。

これを踏まえて、WhatsApp Plusはユーザーが使用することだけに関連しては違法ではありません。この行為そのものを違反とする法律がないのです。しかし重要なリスクに直面することに繋がります。その最大のものは“正しくない使用”によってオフィシャルサービスからブロックされてしまう可能性で、MODを使用することによる結果といえます。2015年にWhatsAppはWhatsAppのMODの使用者のアカウントを大規模にブロックしてそのバージョンをアンインストールしオフィシャルバージョンを再度インストールしなければサービスの使用を継続することができなくなる人が続出しました。この厳密な使用方法の要求はその後少しゆるくなりMODを使用してサービスに接続することがある程度は可能になりました。しかし定期的にWhatsAppはMODのユーザーのブロックを継続して行っており、WhatsApp Plusの使用を決めた場合あなたもその影響を受ける可能性があります。また、これとは別に将来的にMODの開発者とユーザーに対して何らかのアクションが行わる可能性もあり、アカウントの一時的なブロックやオフィシャル版の使用を強要することから恒久的な電話番号に関連したアカウントブロックや刑事的な手続きになる可能性もあります。