Windows 10で使えるキーボードショートカット

Windows10のキーボードショートカットはオペレーティングシステムをより素早く操作して、その結果、生産性を改善する助けになります。ここに今すぐについ書い始めるべき最も使えるショートカットをまとめました。

総合ショートカットキー

  • Ctrl + X: テキスト、画像やドキュメントをカットする。
  • Ctrl + C: テキスト、画像やドキュメントをコピーする。
  • Ctrl + V: テキスト、画像やドキュメントをペーストする。
  • Ctrl + Z: 最後のアクションをやり戻す。
  • Ctrl + Y: 最後のアクションを再度実行する。
  • Alt + タブキー:アクティブタスクセレクターを開く。
  • Alt + F4: 開かれているアプリケーションを閉じる。
  • F2: ファイルの名前を変える。
  • F5: コンテンツをリロードする。
  • F6: 開かれているアプリケーションのアイテム間を移動する。
  • F10: アプリケーションのメニューバーを有効化する。
  • Alt + F8: セクションのスタート画面でパスワードを表示する。
  • Alt + Esc: アイテムを開かれた順番で移動する。
  • Alt + 左矢印:後ろに戻る。
  • Alt + 右矢印:前に進む。
  • Ctrl + A: 全てを選択。
  • Esc: 現在のタスクを閉じるもしくはそれから出る。
  • PrtScn: 画面のコンテンツをクリップボードにコピーする。
  • Ctrl + Alt + Supr:タスクマネージャーやシステムの他のオプションにアクセスする。

Windowsキーを使用するキーボードショートカット

  • Windows: スタートメニューを開く。
  • Windows + L: パソコンをブロックする。
  • Windows + D: すべてのウィンドウを最小化するもしくは最大化する。
  • Windows + Alt + G: ゲームバーを開く。
  • Windows + Shift + S:高度なスクリーンキャプチャー。
  • Windows + M: デスクトップを表示する。
  • Windows + E: ファイルエクスプローラーを開く。
  • Windows + I: コンフィグレーションを開く。
  • Windows + テキスト入力: Windowsの検索を実行する。
  • Windows + K: コネクターを開く。
  • Windows + O: 画面の回転をブロックする。
  • Windows + T: タスクバーのアイテムを選択する。
  • Windows + ,: デスクトップのクイックの表示。
  • Windows + タブキー: タスクの表示。

ファイルエクスプローラーでのキーボードショートカット

  • F3: ファイルエクスプローラーでファイルもしくはフォルダーを検索する。
  • F4: ディレクトリバーのリストを表示する。
  • Alt + D: ディレクトリバーのコンテンツを選択する。
  • Ctrl + E: 検索ボックスるのコンテンツを選択する。
  • Ctrl + N: 新しいウィンドウ。
  • Ctrl + W: ウィンドウを閉じる。
  • Ctrl + マウスホイール:アイテムのサイズを大きくもしくは小さくする。
  • Ctrl + 大文字+ N: 新しいフォルダー。
  • バック: 以前のフォルダーへアクセスする。
  • F11: 開いているウィンドウを最大化もしくは最小化する。

タスクバーのキーボードショートカット

  • 大文字 + タスクバーにあるボタンをクリック: 別のアプリケーションで開く。
  • Ctrl + 大文字 +タスクバーにあるボタンをクリック: アプリケーションを管理人として起動する。
  • Ctrl + まとめられているタスクバーにあるボタンをクリックする: グループウィンドウで移動する。

これらはオペレーティングシステムの規定のショートカットキーです。追加として、アプリケーションは独自のコンビネーションでより素早くタスクを実行するキーを持っていることがあります。また、言語によってはショートカットが変わる可能性があります