Windows 10を復元する方法

Windows 10を復元するにはまず最初に必要となるのは復元ポイントです。これは復元したいタイミングのバックアップです。オペレーティングシステムには新しいアプリケーション、コントローラーや更新をインストールする際に自動的に復元ポイントが作成されます。最もこの機能を有効化しておく必要がありますが。

もう一つの可能性は手動で復元ポイントを作成することです。そのためにCortanaの検索ボックスに復元ポイントを作成すると入力しエンターをクリックしましょう。システムプロパティのウィンドウが開かれるでしょう。作成ボタンをクリックして名前を追加することで復元ポイントの作成が可能です。

Windows 10を以前のポイントに復元するのは簡単で、コントロールパネルにアクセスするためにCortanaもしくはイニシャルメニューから入りましょう。

コントロールパネルにアクセスするコントロールパネルにアクセスする

アイコンによる表示を選択しRecoveryメニューにアクセスします。

RecoveryをクリックしましょうRecoveryをクリックしましょう

提供されている三つのオプションから真ん中のものを選びます:Open System Restore

Open System Restoreオプションを選択しましょうOpen System Restoreオプションを選択しましょう

システムが推奨するタイミングへ復元するもしくは他の復元ポイントを選択する事ができます。

推奨されているものもしくは別の復元するバックアップを選択しましょう推奨されているものもしくは別の復元するバックアップを選択しましょう

後者を選んだ場合日付で整理されているすべての使用可能な復元ポイントのリストが表示されます。

復元ポイントを選択しましょう復元ポイントを選択しましょう

その一つを選択しNextをクリックしシステムの復元を確認するためにFinishをクリックします。

データーを確認しFinishをクリックしましょうデーターを確認しFinishをクリックしましょう

プロセスが終了したらオペレーティングシステムはバックアップが作成された時の状態に再び戻ります。なので何らかの問題やエラーが生じていた場合、その瞬間にその問題は解決されているはずでしょう。